10月3日(火)、1年生25名と3年生4名が長崎特別支援学校の児童・生徒と交流会を行いました。3~4名のグループに分かれて、小学部7クラス・中高学部2クラスの授業に参加させてもらい、手遊びやパラバルーン、ゲーム、ミニ運動会など各クラスの活動を通して交流を行いました。また、事前に準備した5分間の出し物(歌・ダンス・ゲーム・本の読み聞かせなど)を披露しました。

今回の交流会を通して、障害をもつ児童・生徒とコミュニケーションをとることの難しさや楽しさ、一人ひとりの個性に合わせた対応の大切さ、特別支援学校の先生方の工夫など、多くのこと学ぶことができ、とても貴重な経験となりました。