3月1日(木)、平成29年度第55回卒業証書授与式を挙行し、272名が本校を卒業しました。
各クラスの代表生徒に卒業証書が授与され、安部校長先生から卒業生に『自分の内面、特に他に対するやさしさとそれを発揮するための強さを磨き高めていってくれることを期待します。あらゆることに積極的にチャレンジすること、読書によって疑似体験を重ねることによって、自分の世界を広げ内面を磨いてください。これから新たな世界で自分の人生を切り開いていくみなさん、これからもずっと“気魄と情熱”をもって自らを鍛え続け、自己の能力を高めていくとともに、優しさと強さを兼ね備えた良き市民となって平和で豊かなこの社会を支え続けていってくれるよう期待しています。』と餞の言葉が贈られました。在校生を代表して生徒会長の永江龍馬くんが送辞を、卒業生を代表して旧生徒会長の西口大智くんが答辞を述べました。
式終了後は、卒業生の前途を祝して在校生全員で『力をつくして』を合唱し、卒業生が3年間の思いを込めて『仰げば尊し』を斉唱しました。
55回生のみなさん、ご卒業おめでとうございます。

 

 

 

 

 

 
最後のホームルームでは、担任の先生から一人ひとりに卒業証書が手渡されました。