6月29日(金)、長崎県警本部少年課少年サポートセンター 少年補導職員 湯田千草さんを講師に迎え、薬物乱用防止講話を行いました。薬物乱用の恐ろしさについて話をしていただき、誘われた時の断り方のポイントを教わりました。薬物は、身近な人から誘われることが多いそうです。最後に、先輩から誘われた時にどう対応するかを、代表生徒による実演を交えながら考えました。
【薬物から身を守る3つの方法】
・断る勇気を持つ
・一人で悩まず相談をする
・ルールを守って生活する