SSHトレーニングⅡでの課題研究中間発表〔10月29日(火)〕の一環として、36名の生徒が長崎外国語大学を訪問し、13名の留学生を含む16名の学生の前で、英語でのプレゼンテーションに挑戦しました。それぞれが現在取り組んでいる課題研究の途中経過について、1人5分程度で発表し、その後の質疑に対して応答しました。限られた時間の中でしたが、1人が2~3回の発表の機会を得て、苦労しながらも、真剣に学生達に「科学英語」で発信していました。その後の自由交流でも、日本や長崎のことなどを話題に、積極的に会話を交わし、大きな盛り上がりをみせていました。